Karatsu Ware | Naoki Kojima

小島直喜 | 唐津焼

作陶家
佐賀県唐津市在住の陶芸家。
先人達の古陶陶片などから伝統的な陶技を研究し、昔の技術と景色・土味・手触り・色・映りを再現すべく、自ら野山に土を釉薬を求め、登り窯にて焼成。人々に長く愛され、使ってもらえる焼き物を目指し、器を作り続けている。
活動拠点 : 佐賀県・唐津市浜玉町平原甲
URL : 曹源窯 https://kojimanaoki.com
陶歴

1962年 佐賀県唐津市に生まれる
1974年 父が陶商を始める
    この頃より、唐津地方の古窯跡を父に連れられ発掘と粘土を探し歩く
1980年 父が興した「曹源窯」を手伝い唐津焼作陶開始
1998年 浜玉町平原に窯を移築、現在の薪窯・饅頭型・登窯四連と小窯のみで焼成、
    この頃より、全国の百貨店で展示会を始める
2011年 日本橋三越 第一回 三十盌展
2012年 銀座黒田陶苑 個展
2014年 日本橋三越 第二回 三十盌展
2016年 山瀬井戸茶碗の完成
2017年 日本橋三越 個展
2018年 大阪髙島屋 個展
2020年 名古屋髙島屋 陶展 作陶40周年(12月)
    広島三越 陶展(7月)
    山陽百貨店 陶展(3月)
2021年 高松三越 陶展(9月)
    日本橋三越 陶展(7月)
    福岡三越 陶展(2月)
    髙島屋大阪 陶展(1月)
2022年 山陽百貨店 陶展

匠の技

Craftsmanship

想い

Thought

作陶家・小島直喜氏


佐賀県唐津市で42年に渡り作陶を続ける小島さんは、どのような想いで作品と向き合っているのか、お話を伺いました。

 

 

ー 小島さんのものづくりへの想いを教えてください。

子供の頃から、“唐津焼”は唐津の代名詞となっています。 “唐津焼”というカテゴリーは400年ほど前に朝鮮から渡ってきた人たちが作りました。何もないところから唐津焼というカテゴリーを作った人と同じような気持ちで、現代の唐津焼の代名詞と言われるような新しいものを作っていきたい、ここ10年くらいはそういう気持ちで作陶と向き合っています。
古典の技術習得をある程度できるようになってくると、今の時代に合う新しいものがあるのではないか、と思うようになったんです。新しいけれど、ちゃんと唐津焼だとわかるようなものを作っていきたいと思っています。

地域の先人も一緒で、昔から代々残されている茶碗も、良いものはすべて個性なのだろうと思っています。僕もその個性が見えるものを作っていきたいですね。
“職人”という誇りをもって、誰もしていないようなもの、私にしか出来ないことをしたいんです。

 


ー 伝統ある登り窯、その炎との向き合い方を教えてください。

10年前になりますが、3年連続で納得のいく茶碗が1つも出来上がらない時期がありました。茶碗200個焼いてゼロですよ。
井戸茶碗の枇杷色を出すために登り窯で実験し、3年で30回くらい焼きました。もう辞めようかと思いましたよ(笑)。でも、そこでの失敗のデータがいまに繋がっているのです。
研究も大事ですが、勘も大事ですよ。計算頼りだと第六感が鈍ります。感覚は音と爪ですね。データばかりに囚われず、感覚的に出来るようになることを目指しています。

※写真:粘土や登り窯の温度管理など長年に渡る貴重なデータを見せて下さいました。

 

 
ー 最近はどんな作品を創られているのですか?

お面や人形など、造形的なものが多いです。唐津焼で作ると凄く迫力が出るんです。

割烹料理や懐石料理などの日本料理店からの注文が多く、最近は船の形をした器を作りました。この器だったら刺身を乗せても良いですね。器を冷蔵庫で冷やしておけば、ある程度の時間は新鮮な状態が続きます。機能面も兼ねそろえている器です。


 


ー 工房があるこの場所、唐津の魅力を教えてください。

窯を作るなら都会に向かって作りたいと思っていましたので、福岡寄りである唐津の浜玉町を選びました。そして何より、私は唐津の山瀬の土に魅せられましたね。ここは山瀬のふもとで、私が15・6歳くらいから訪れていた場所です。希少価値があり、良質な山瀬の土がありましたので、この土地に決めました。
私は小学校5年生の頃から山歩きをしていたので、土を見たらどこの土かわかります。土は、ふるい方によっていろいろ変わるから面白い。ふるわなくてもよかったり、ふるったり戻したり、すると目の調整ができ、これらを使い分けながら40種類ほどある土を生かす作品を創っています。
昔は1地域に5~6件くらいは窯が集まっていました。沢山窯があったということは良質な土と水があったということです。ここは綺麗な小川の側で、蛍も見られますよ。

 

 

ー 日本の工芸品は地球に優しい“エシカル消費”として国内外から注目を集めていますが、具体的に取り組まれていることはありますか?

外に出ていく産業廃棄物は(生活以外)基本的にありません。すべて土に戻せるものです。藁灰など、基本自然でできた釉薬ですし、化学薬品は使いません。口にしても害がないようなものばかり。薬品など化合物がなくても、自然さえあれば、やきものは焼けます。


ー 今後、創っていきたい作品がありましたら教えてください。

私の作品のひとつに鬼の人形がありますが、こういった造形物が立体的に動いて見えるように、唐津焼の色で作っていきたいですね。私はただの食器屋で終わりたくなくて、個展ができるようになった今でも、もっとアーティスト的なエンターテイナーになりたいと思っています。例えば、唐津焼の土を生かした、壁画のような陶板や、抽象的な作品も、誰もしていないような技法で表現して、新しい作品を創りだしていきたいと思っています。

唐津焼の歴史と今

History

唐津焼の起源は諸説ありますが、安土桃山時代、佐賀県唐津の岸岳(きしだけ)という地で、豊臣秀吉による文禄・慶長の役の際に渡ってきた陶工が始めたとされています。登り窯や、蹴ロクロ、釉薬法など、朝鮮渡来の技術によって作風や種類も豊かになり、日本全国に流通したことで唐津焼は日本を代表する焼物となりました。また、古くから茶の世界では、「一井戸二楽三唐津」という茶碗の格付けがあるように、多くの茶人に愛され、江戸時代には唐津藩の御用窯として発展しました。

唐津焼には、「作り手八分、使い手二分」という言葉があり、作って完成ではなく、使ってもらってこそ真の完成という意味を持っています。器は生活の一部になってこそ、その美しさを発揮するという考え方です。シンプルながらも力強さと暖かさを持つ唐津焼、日本独自の美意識である侘び寂びにも繋がる器のシンプルさは、手持ちの器とも合わせやすく、料理やお酒が映えるものばかりです。毎日の生活で使ってこそ良さが際立つ「用の美」の器を、ぜひ手に取って見てみてください。

プロ用の器

custom made

ご使用頂いている飲食店のご紹介

高級割烹料理店 他力野割烹

東京都中央区銀座7-2-8 高谷銀座ビル5階

高級割烹料理店 割烹 士成

東京都港区西麻布1-2-12

デュオ・スカーラ西麻布タワーセントラル EAST B1

高級豆腐料理店 東京 芝 とうふ屋うかい

東京都港区芝公園4丁目4-13

高級肉割烹料理店 銀座 kappou ukai 肉匠

東京都中央区銀座8-9-15

ジュエルボックス銀座 B1

高級懐石料理店 日本料理 旬房

東京都港区六本木6-10-3

グランドハイアット東京6階

割烹・小料理店 割烹 いまゐ 新宿御苑前

東京都新宿区新宿1丁目6-5

シガラキビル1F

割烹・小料理店 日本料理 翠

大阪市中央区東心斎橋1-16-20

心斎橋ステージアビル2F

高級和食店 寺家 ひらさわ

神奈川県横浜市青葉区寺家町602

そば店 伊豆下田 蕎麦 いし塚

静岡県下田市敷根4−21

川魚・摘草料理店 飴源

佐賀県唐津市浜玉町五反田1058-2

飲食店様の器、承ります。
取り皿や鉢・陶板など数量に係わらずセミオーダーからフルオーダーまで幅広く承ります。ご提案から納品まで責任を持って対応させて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。
※一般のお客様のご注文も承っております
作家 / 職人に戻る